◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

アラサー女性にこそおススメ。経済の知識にハマってみよう。

      2020/03/29

小学校1年生の娘がいる新型コロナウイルス対策休校の記録として日々の行動を綴って、半月が経ちました。

新型コロナウイルスの影響で、飲食、旅行、エンターテイメント業界、の経済リスクが浮き彫りになり、直近では、シルクドソレイユの方々が9割リストラ新されたり、ANAの客室乗務員の休業、国内工場の停止など経済マジヤバい・・という恐怖だけが毎日襲ってきています。

さて、そんな最中色々な人と話をしていて気づいたことがあります。

テーマ:経済のハナシについていけないってヤバいな・・

世の中の情報を見て「自分にとってどの情報が必要か、どの影響を考えておくか」ということを考えて生きてる人って少ない!おいおい「情弱」だよ・・と思うことがあって。

といはいえ私も最近、「この情報はベースの知識が足りないゆえに理解が遅い、ピンと来ないんじゃないか?」と思うことがあって。そして、そういうこともあって、実際にお金に苦手意識がある!ということがずっとあって・・

そこでお金についてもう一回知識をインプットしてみよう!と思いました。

今日は、実際に私がインプットした情報源をご紹介していきます。リアルに、効果絶大、やっと意味がわかったことがたくさんありましたのでぜひこの機会にアラサー女性の皆さんも試してみて下さい。

 

1.1万円札の製造コストっていくらか知ってます?

おススメの理由・・!

この4冊を読めば、「お金」の歴史、存在、正体、変身をつかめます。

 

お金への漠然とした恐怖、執着は手放せます。

ただ、自由に使えるお金が莫大に桁違いの企業の動きがわかることで、自分のビジネスへの恐怖やちょっとやる気がなくなったりもします。

だけど、そんな中でももう一度セルフブランディングに戻って自分が今この世の中を生き抜ける方法のその第一歩を踏み出す方法がわかり、行動を変える、強弱を変える選択肢が見えることでストレスを減らすこともできます。

  • 99%の人が気づいていないお金の正体
    堀江貴文著
  • 情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない! (ポプラ新書)
    堀江 貴文著
  • 日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません
    藤沢数希著
  • 経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
    佐藤 雅彦 (著), 竹中 平蔵 (著)

 

2.家計が苦しいなら一番の金策は?

おススメの理由・・!

シンプルに帳簿の歴史がわかり、家計の金策、節約など細部にわたってわかりやすいです。そして、昔から会社の不祥事、隠し財産、所得、家の借金、財産などは事象、歴史、人の感情が今も昔も変わらないということが、ベースの知識として十分だとわかります。

そしてそのようなことが起こっても(情報を見ても)一喜一憂しないでいいや、と思えます。

そして、自分の家の物を売ってお金を作ること(今ならメルカリ出品など)をスムーズにやれるかやれないかだけで大きく自分経済は変わる!という視点も持てます。

Amazonプライムを登録していれば、で無料で見ることができます。

 

3.軍資金300億もらったら、どの株を買いますか?

おススメの理由・・!

アラサーになると、なんとなく投資ってやった方がいいんじゃない?という気分になる時がありませんか?少額で始められるものもたくさんありますし。株主優待も身近な人が生活に取り入れて楽しんでいる様子もよく見られます。

でもすごくハードルが高い。というかそもそも意味がわからない。という、結局お金について、生活について考えながら生きるってことの現れだと思います。その様子を見れます。

そしてスリリングなお金の額、人間のお金に対する慣れと、経験の差も楽しめます。

LINE漫画で毎日1話無料で見れるんですけど、1日1話しか進まなかったら半年かかるな!と気づいて、ヤフオクで全巻セットを購入しました。

ネットカフェに行こうかと思ったんですけど、コロナウイルス回避のためやめとこうと思いました。そういう意味では漫画、エンタメのサブスクって売上上がってるのかな~と思いますね。

 

目的を持って本や情報を漁ることってものすごくハマりますし、知識欲が満たされることに快感を覚えます!知ってても活かせなかったら意味がないという人もいますが、「知ってなかったら話もできないじゃん」と思いますので、気にせずどんどん知識をインプットしていきましょう!そしたら、今まで見ていなかった情報を見たり、調べたり、少しずつ不安が解消されたり、活動のヒントをもらえたりしますよ。

 

さてさて、来週も頑張りましょう。

以下、ご紹介した本や動画のリンクを貼っていますのでご活用下さい。






A8

 - 本&映画&音楽