◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

【ひとり呑み配信】vol.7ゴルフって食べれるの?

      2020/03/29

ようこそ呑み配信へ。yukiです。今夜も呑みながら描いてます。さぁ、一緒に呑みましょう。

今夜のオトモ

淡麗(プラチナダブル)

らっきょう&きゅうりの浅漬け(セブンイレブン)

 

はじめに。

ゴルフを始めてまだ1年目のころ、レッスンに通っていました。ゴルフを始めたきっかけは取引先とのゴルフ接待のためであり、「え?今どきそんなところある?」とよく言われていました。

正直なところやらなくても仕事はできるけど、上層部と会おうと思うとゴルフはとても使い勝手がいい。

 

 

今夜は、「ゴルフといえば・・」のハナシ。

私のゴルフレッスンは女性の先生で、お子さんが2人いる個人でスタジオを構える敏腕の元プロです。

 

私から見てその先生はこんな感じでした。

  • 元プロから実業家へ転身組って感じの会員制度、仕組みづくり、ルール徹底がすごい
  • ゴルフコミュニティーをサロン化しようとしている策略家
  • お金持ちの男性会員をうまいこと持ち上げるスキルをめちゃくちゃ活用する
  • 女性会員には「うるさい女ゴルフ」をしないようにマナーを躾けを徹底するスポーツマンシップがある

と見立てていて、すごく信頼できる先生です。

そんな先生のバックグラウンドを知らなかった私は、ゴルフプロにまでなるお金持ちのご家庭で、スタジオまで持てる資金もあって、またもう一段階上の実業家としての転身!しかも2児の母であるというもう何もかも手に入れて我が道を全力で行っているんだな~なんて思っていました。

 

 

それは、突然の離婚、無一文の生活から始まったっていうんだからビックリ!!

元プロとは言え、先生がゴルフを始めたきっかけは「親のゴルフをやれ!問答無用!」から始まっていたって話を聞いて、「でも、今ではこんな素敵なスタジオまで持ててよかったじゃないですか♪」と返したら、

 

まあね~、突然の離婚、シングルマザーが無一文から脱出するための夜の仕事、それからやっとゴルフレッスン教室で起業までして、今は確かに良かったなって思うかな~。

と言われてまあビックリ!

でも、言われてみれば・・ってところもあって。

 

こういう話を聞くと手に職だよな~と思ってしまう自分もいるし、仕事のすべてを投げ出したくなる時に思いとどまる良いネタとして、私の引き出しにしまっておこうって思う。

よし!その時のため私もゴルフを!!

とは思えないままそのレッスンはやめてしまった・・。

 

でも、ここまで飯のタネにならなくても親の強制で「やりなさい!」って言われた数々の中に、「これはやっててよかったな」もある気がする。もしかしたらこれから「マジやっててよかった!!」って思う事が掘り起こされるのかもしれない。

 

さいごに。

虎やのゴルフボール最中をもらった。

もらってた旦那さんは「わざわざボールじゃなくていいよね」と言い、私は「せっかくの虎屋なら羊羹が良かったのに」と文句を言いました笑(本人に告げたので悪口ではない)

でに娘はとても面白がって、高級ゴルフボール最中をパクパク口に運んでいたので「とてもいいものをありがとう!」という気持ちも伝えました。

それでは、また来てくださいね。一緒に呑みましょう。お待ちしています。

A8

 - ひとり酒で呑み配信連載