◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

女性ホルモンを整えるとどうなるのかレポート:7日目

   

アラサー女性のみなさんこんにちは。yukiです。春は風が強いですね・・春らしくふんわりスカートに巻き髪なんぞしても風が強すぎてもうイライラしたりすることありますね。

さて、ホルモンバランスを整える自分ケアをして1週間経った私の記録を連ねておきましょう。

 

結論

「女という性を持った人間としての生き物に戻った」

ですね。

それを5つのポイントに分けてご紹介します。

 

1.体の変化

①足の裏で地面を押している感覚に気づいた

→これは体全体が温まっているからだと思うのですが、足の裏でちゃんと踏んでいる、つまり、足が地面を踏むことで歩いているという人間の歩くという行動の感覚を味わいました。

 

②視界が(リアル見えている範囲)広がった

→この建物ってこんなに高かったの?あの高層階の家、花がものすごく植えてある・・とか、空を見るのは何かの本で読んでから心がけていたのですが、普段見ている世界と意識して見ている空の、今まで見えていなかったちょっと上が視界に飛び込んでくるようになりました。

 

2.心の変化

言葉を理解できるようになった

→私の気持ちを乱していた一番の原因は「人の言葉の裏をつなぎ合わせて能内理解していた」ことみたいです。これは私の夫が「君には何を言ってももう言葉通りに伝わらないから喋らないことにするわ」と毎回言わせてしまっていたことの解消です。

子どもからの言葉もそう、子どもの感情表現を「私が悪いの?私が何かそれを解消しないといけないって言ってるの?」と独特の変換キーをずっと持っている、それを手放しました。

 

3.能力の変化

自動車運転がうまくなった

→これほんとです。前述にある「リアル視覚の広がり」と「シンプル思考」がハンドルの判断スピードを上げてるんだと思います。

でも地図は読めません笑、Googleマップでもたどり着けないことは続いてますので乞うご期待。

 

4.仕事に対する変化

浮かんでくるイメージが変わった

→感覚に近い部分ではあるのですが、仕事に起こる目の前の事すべてが「TO DO リスト」にしか見えずに、「面白そう!」「やってみたい!」という感情より先に来る、

この「TO DO リスト 優先思考回路」が取っ払われて、シンプルに面白そう!こうしたらもっと良くなるかも!という思考が生まれてきました。

その結果一部の「TO DO リスト」は後回しにされるわけですが、「TO DO リスト」だけやっているよりよっぽど楽しくなります。

 

5.価値観に対する変化

親や他人の価値観に振り回されず、独特な価値観を築いていけそうな勇気が持てるようになった

→親の価値観とは合わない家庭の築き方、育児の仕方への囚われが解放されました。一般的(?)に「素敵な奥様」「ちゃんとした母親」の情報を収集しては不安になっていた事からも解放されました。

ふと、この事を夫に話すと、意外とあっさり

「そんな事俺が1回でも求めたことある?・・全然望んでないし、その価値観怖くない?無理無理、良いよ別に。でも、何となくそれが君の理想で追いかけてるんだな~と思ったから、あえて言わなかったけど、大変そうだな~とは思ってた・・」

って言っていました。

 

 

これはすべてホルモンバランスを整えることをやるか、やらないかだけの話。

これに共感してもらえるアラサー女性のみなさま、Good job!!

合わせてこちらの記事もぜひご覧ください。

下田美咲から始まるホルモンバランスについての話。

オス化しないために。女性ホルモンのバランスを究極に整える方法とは・・

V.I.O脱毛なら最新のブラジリアンワックス&高速光でストレスフリーに。

A8

 - ビューティ&ヘルス