◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

SEXレス夫婦のリアルと本質的な原因はアソコかも!?

   

アラサー女性のみなさん、こんにちは、yukiです。

最近どうですか?

先日、「セックスレスで離婚した」という告白を聞きまして。「SEXレス事情」から私が考えたセックスレスの本質的な原因と、脱出への第一歩に関してお話していきます。

 

SEXに対して、日本の女性は「男が満足させるためのものだ」というのが強い

「セックスレス」が原因で離婚した夫婦の一連の流れを聞いて思ったのですが、

 

女性から見た「SEX」の前提が以下に寄っていたことが気になりました。

・男は、好きな女ができると皆SEXしたいと思っている

・女は男にセックスさせてやってる

・男はSEXで女を満足させるべき

・セックスが気持ち良いと女が感じられるかどうか、は男のテクニック(研究度)次第だ!

 

さあ、これがチェックポイントだったらあなたは何個〇を付けますか?実は皆さん、「え、それ当たり前でしょ?」と共感するかもしれませんね。

しかし、

セックスレスの原因はまさしくこの女性の「セックスとは!」のそもそもの定義と態度!

だって、自分が男性だったら、ものすごく怖くないですか?

そんなセックスプレッシャー背負ってもう疲れる・・・!!

と思いませんか?

もちろん付き合う前、付き合いたてだったらある程度頑張ることもできますよ、プライドもありますしね。ここは男としてどうなの?って思われるために頑張る。

しかし、目の前の男性は「チェリーボーイ卒業後の色々研究しまくっている日々を過ごすしている男子高校生」ではないでしょ?ビジネスマンであれば、そんなに毎回バリエーション豊富に、更に女性の知らない快楽を開拓する研究というのはハードルがかなり高いのではないでしょうか。

 

さらに、セックスレスのことで「旦那が責められる」「馬頭を浴びせらる」

という結果、男性はsexへの恐怖心が増し、子作り目的ですら恐怖を感じるまでに来ると、これは離婚に至ります。

 

そりゃそうだ・・と男性は共感、

女性は「え?それの何が悪いの?」という感じでしょうか。

 

そして充実AVコンテンツに逃避する男性たち・・

正直男性は日々の小さな積み重ねで、SEXに対してプレッシャーを背負っています。

 

付き合い立ては、「落とす」モチベーションも手伝って頑張れるけど、そのうちマンネリ・・になると人を変えたくなる・・でも一応そのまま結婚、さらに時間が経つと・・徐々に見て見ぬふりをして・・話題も避けて・・

たまに空気感で感じる妻のオーラに逃げたくなり・・

その毎日に疲れて・・・

 

バリエーション豊富なAVコンテンツで、自分のタイミングで、誰からも評価を受けずに自分自身を満足させてる方が幸せ・・・

の流れ作業に持ち込まれます。

更にリアルに近いVR、SEX(ラブ)DOLLだって出てきているわけで、リアルよりコンビニエンスの満足度が高いってことですね。

 

SEXレスを解消する方法はの第一歩とは・・

それは女性のデリケートゾーンのケアです。

え?拍子抜けですか?もう少し読み進めてください。

 

デリケートゾーンのケアをしない女性は

傲慢な女になります。

その結果、セックスレスになります。

 

よく、「愛される女になるための方法!」的な要素として表面的なしぐさ、可愛いと思われやすい行動、テクニックの情報が溢れていますすが、そんな表面的なアプローチではSEXレスは解消しません。

 

なぜなら「見て私!」の一方通行で、自分も相手も疲れるだけ。かつ、本当に解消したいセックスレスへの効果は全くないからです。

結婚までは行けると思います。でも、その後傲慢な女になり、SEXレスになります。

 

さらに、突然過激な下着で登場してももうホラー以外の何物でもないでしょ。

 

で、デリケートゾーンのケアで傲慢な女じゃなくなるのか?という話で、

その理由は・・

 

「自分でアソコを愛せるか?」です。

一回デリケートゾーン付近の全部の毛をなくして、自分で見てみてください。

 

それ、見てみて引きませんか?小学生の時くらいのイメージでいました?

結構年齢を重ねて形状、色、印象も違うのが正直なところだと思いますよ。匂ってみてください(難しいけどなんとなくでも。)

森の茂みでずっと自分では見てこなかった部分を見て、これでもパートナーに、私のここを愛しなさいって言えますか?

 

パートナーが見ないタイプの人だったとしても、

 

自分の満足度が高いところはどこか?知ってますか?

自分で自分のこともわからないのに、パートナーが開拓するべきってかなり傲慢じゃないですか?

 

開拓できる人はいると思いますよ。でもそれは、「俺、ヤッタ人数3桁だわ!」みたいなパリピじゃなくて、本当にお互いのセックスでの快楽に関する開拓研究するスキルのある男性です。なかなかいないです。かつその時は男性マターのみでは厳しいというのもホンネ。

女性もSEXを「めんどくさくて早く終わらないかな~」って人も多いですしね。

でも、セックスレスに何となくの不安を感じているなら、それを解消する一歩を踏み出さないと。

「相手が見ているものを自分も見てみること、ちゃんとケアすること」

「自分の好みをわかっていること」「相手の好みを早めにわかること」

これだと思います。

 

それはイコール、愛されるためには、自分を知ることから。

 

以上!

合わせてこちらの記事もぜひご覧ください。

下田美咲から始まるホルモンバランスについての話。

オス化しないために。女性ホルモンのバランスを究極に整える方法とは・・

V.I.O脱毛なら最新のブラジリアンワックス&高速光でストレスフリーに。

A8

 - ビューティ&ヘルス