◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

「運を支配する」は、新入社員にお勧めの本。

      2020/03/29

運を支配する
◆商品の説明◆Amazonより抜粋
内容紹介
なぜ運は特定の人に集中するのか?
東証一部上場のベンチャー経営者と、無敗伝説の雀鬼が突き止めた39の“ツキの極意”とは。

内容(「BOOK」データベースより)
勝負でたまにしか勝てない人と、勝ち続ける人ではいったい何が違うのか―。麻雀でも、ビジネスの世界でも、懸命に努力したからといって必ず勝てるわけではない。勝負に必要なのは、運をものにする思考法や習慣である。その極意を知っている人と知らない人とでは、人生のあらゆる場面で大きな差がつくのだ。「『ゾーン』に入る仕掛けをつくる」「パターンができたら自ら壊せ」「ネガティブな連想は意識的に切る」「違和感のあるものは外す」等々、20年間無敗の雀鬼・桜井氏と、「麻雀最強位」タイトルを獲得したサイバーエージェント社長・藤田氏が自らの体験をもとに実践的な運のつかみ方を指南。

「運を支配する」を読みました。

私はもう社会人歴15年になろうとしているわけですが、この時期には「新入社員」がキラキラと目を輝かせていて、「お勧めのビジネス本ありますか?」とよく聞かれます。

そんな時に私が決まってお勧めするのが有名な社長の本。今年はサイバーエージェント社長・藤田さんの本を改めてお勧めしたという背景があって、私自身ももう一度読み返しました。

 

 

【新入社員にお勧めしたい理由】

新入社員は、キラキラしています。「社会人」というステージに立った時の気合十分、鼻息荒い感じはこの時期しか味わえない貴重な時間。

これから同期がライバルになり、華やかな部署に行くために評価を獲得することを望うでしょう。誰もがビギナーズラックを期待しているし、それを現実にする人もいるかもしれません。しかし、そのビギナーズラック素質が自分にあるかどうかもこの本を読めばある程度察しがつくことでしょう。

基本的に「シンプル」という思考からかけ離れている人は、ビギナーズラックは妄想から外した方がいいのです。

 

【主要キーワードと捉え方】

「勝負勘」「シンプル」「正しい選択」「努力」というこの言葉は重要です。

結局ストイックとニュートラルのバランスだと私は捉えたわけですが、これらが結果的に「自信」につながる要素でもあるのです。

組織の中で育つこれからの自分が、「会社を支える事業を作り上げる」というレベルになるには、ただロールモデルを探して追いかけるだけではだめなのです。

 

【何か勝負をしてみるという選択ができるか?】

私は去年からゴルフレッスンを始めており、先週レッスン会員のコンペに出てきました。誰も知り合いがいないゴルフ会員のおじさま方との初ラウンドでスコアは奇跡の182です。

そう、ラウンドには出てはいけないレベルです。でも出ました。確実に今まで知らなかった法則とこの勝負に勝てるようになったら見えるものがあると確信しています。

ビジネスにおける勝負につながる、違うカテゴリにおける「勝負事」これにチャレンジできるかは人間の深さを作るものだと思います。頭でっかちにならずに、勝負を挑みましょう!

 

A8

 - 本&映画&音楽