◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

5歳の娘とyoutubeの付き合い方

      2018/03/31

最近ついにyoutubeを解禁しました!!

ただし、ルールを守る事を条件に。今までyoutube(スマホは今も)を見せずによく5歳まで来たな・・って思って母親の自分をほめてあげたい。そろそろ「ルールを守る」という意味をわかってきたのでこのステップに進みました。

youtubeの我が家のルールをご紹介します。

~5歳の娘がyoutubeを見てもいい5つの条件~

1.PC(パソコン)のみで閲覧OK
→スマホでは見せません。PCを立ち上げたり、マウスで選んだりの練習も含みます。
※私のPCはタッチパネル式ですが、それはできない事にしています。

2.英語で動画アップされているもののみ
→ちなみにyoutubeの言語設定(表記)も英語にしています。

3.最初の導入広告動画はスキップすること(&自動再生は切っています)

4.一日に見れるのは5個まで。(40分まで)
→最初にどれを見るか決めさせて、それぞれかかる時間を確認します。
時間制限以上になりそうな場合は、早送りさせます。

5.大人も一緒に聞く(見れるのがベストですが音は必ず聞いて状況を把握します)

これで今のところ、youtubeの良いところどりはできています。そもそもPCでペイントやWordで遊ばせていましたがそろそろ飽き始めていて、試しにVoicetubeで子どもチャンネルを見せたところ喜び、英語でも何でもとにかく興味がある動画だったら嫌がらなかったのと、Voicetubeでこれらは結構楽しんでましたが・・・

でもやっぱりコンテンツの量に限界を感じて・・ついにyoutubeで・・といったところです。

 

子どもにおすすめのyoutubeチャンネル

 

Emily tubeです。

これ、小学生くらいのお姉ちゃんが、幼稚園児くらいの妹に色々教えてるんです。色の名前とか、お買い物の仕方とか、おままごとの仕方とか。それがただ英語になってるだけ。おそらく娘はこのお姉ちゃんに教えてもらってる感覚で動画を楽しんでいます。

このカラーボールガムを入れるところから始まるんですが、それも夢のように楽しいことで、更にそのカラーボールの色を妹に教えているんです。娘も一緒に「Blure」とか言ってます。

このくらいの子供がシュチュエ―ション限定で話す言葉なので大人なら誰でも理解できるのがポイント。娘がよく「今〇〇って言ったけどなんて言ったの?」とか言ったときに「それは△△っていう発言をしていて、〇〇っていう意味よ」って言えるレベルなのもお勧めです。

 

余談ですけど、5歳の最近の娘の成長としては会話になんか一ひねりあるところです。

娘のではない連絡帳が保育園カバンの中に間違って入っており、子どもが無邪気に「あ~〇〇ちゃん連絡帳だ~見てみよう!」というので、「これは見たらダメよ!」と教えました。

保育園で「〇〇ちゃんの連絡帳見たよ!これ書いてあった!」とか言おうもんなら炎上だ!と思った一瞬の反応だったのですが、娘に「え?何でダメなの?」と聞かれたので、「それは・・プライバシーの侵害よ!」と一旦回答してみると、

日本ってそーゆーのあるよね~

という回答でした。

わかってるかわかってないのか・・でもこういう絶妙な反応が可愛いと思える今を楽しみたいと思います。

A8

 - 育児、子連れおでかけ