◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

アラサー男性よ、「家庭」が欲しいなら20代前半の女性を選びなさい。

      2018/02/09

d (21)
アラサー男性の皆さん、結婚した自分を想像してください。

こんなところが結婚するハードルになっていませんか?

「育メン」なんて1ミリたりともなりたくない!

自分の趣味、それに使う時間は譲りたくない!

自分の好きなことはやり続けたい!

フツーに飲みに行きたい!

だったら、

20代前半の女性と結婚しなさい。

という話をします。

 

20代前半で結婚できる女性には才能があるんです。

0122748f98098fd8e2822b425700b723_s
なぜ20代前半の女性を勧めるのか・・それは、

純粋に家事育児を楽しめる才能を持っているから

です。

 

無条件に嫁としての役割をすんなり理解し、きちんとその役割をこなしながら生きていけます。それを「役割」とは認識せずに「喜び」とすら置き換えられるむしろ天使。

 

世の中の動きに興味を示さず、自分の身の回りに起こることだけの範囲に日々本気に奮闘しながらもちょっとした喜びを幸せと感じ、目の前の小さな壁を頑張れます。

 

ここで早々に言っておきますが、私はこの「結婚できる才能を持った20代前半の女性」のことを馬鹿にしていません!

 

むしろ私には全くないその才能に尊敬、更には嫉妬くらいの勢いで希少価値の高い存在としてこれからも大切にしていきたいと思っています。

※会社でその領域にいる女性のことを守る勢いで大切に保護し、できるだけ変な男性に巻き込まれないように無駄に保護者面するうざいアラサーとして生きていますのであしからず。

 

20代前半で結婚できる才能がある女性の2つの圧倒的価値とは・・

1.PTAも子ども会もちゃんと頑張れる

そもそも20代で結婚しようと思える女性が「描いた未来の家庭」には「=自分が育ってきた延長」という立派な方針が描かれています。

子どもを産み育てること自体に家庭の役割として喜びを感じ、人間が親になることの成長を噛み締めながら母性を惜しみなく発揮することが「当たり前」だとスムーズにしみ込んでいるという奇跡が起こっているのです。

 

2.「家庭と仕事」を天秤にかけません。 

20代で結婚すれば、家庭と仕事を切り分けて純粋な「家庭」が成り立ちます。

そして、きちんと「家庭は私の役割」と認識してくれます。

あなたが子どもと遊ぶのが楽しいと思えなくても大丈夫です。ちゃんと「お父さんとしての役割り」を自然に奥さんがエスコートしてくれます。

「家は奥さんに任せてる」そう言える環境も手に入れることができるでしょう。

 

 

ああ、奥さんが欲しい、と思ったアラサー女性のあなたへ。

6898762484_8a56069234_z

20代で結婚を目前にし、「そんなことを自分にはできない」と思ったからあなたは結局20代で結婚しなかったことでしょう。

このスムーズさが持てなかったアラサーゆえにその後も未婚。

 

既に20代で冷静に考えませんでしたか?

結婚、家庭における自分の役割には、自分自身がついていけないのではないか・・

と。

こんな自分に気付いてしまう瞬間を見逃してはいけません。しかし、ふと気づいてしまう自分を直視すると、「自分は結婚できない欠陥者路線!」だと思われてしまうので、ちょっと周囲への表現を変えませんでしたか?

 

今は仕事が忙しいの!

まだ自分が子どもだから母親なんて恐れ多い!

なんて。

でもこれはとりあえず問題の先送りです。

 

ぶっちゃけると、

「自分が育ってきた環境の親」になる覚悟がありません。

というのが本音ではありませんか?

誰かのために、自分の時間を犠牲にしたくない

その先のまだ見ぬ子どもの犠牲にもなりたくない

 

「子どもや家庭が犠牲なんて言ってはいけない!」という風潮がありますが、あえて言いますね。

親は子どもの犠牲になります。生まれた瞬間から子どもを育てて、成人したとしても子どもがお金が必要だったらそのお金の肩代わりをいつまでもしなきゃならないのです。生きている限り子どもの保証人になりつづけないといけません。

しかし、子どもだって親の犠牲になるときが来ます。

つまり、お互いがお互いの犠牲になりながら成り立っているのが家族であり、それは「支え」と「犠牲」は表裏一体であるという定義です。

 

家庭と仕事の関係も同じです。家庭は仕事の犠牲になるし、仕事は家庭の犠牲になるのです。

 

20代で結婚できる女性を大切にしましょう。

結婚できる女性なんでむしろそれだけで才能があると褒められるべき人種です。

 

アラサー男性の皆様。

20代の女性とめでたく結婚したら大切にしてください。

仕事の話ができないから外でアラサー女性と飲み歩いたりしないでください。

 

アラサー女性の皆様。

20代で結婚する女性たちを大切にしましょう。

結婚も出産も30代が当たり前になってきている今、20代での結婚、出産をする人たちに「その程度」という謎のレッテルを貼る人々がいます。むしろ40代で結婚、出産した方が輝かしい勲章のように扱われますが、それではこの才能が埋もれてしまいます。

20代ママの仕事を押し付けられてイライラする気持ちは、そこをコントロールできない上司に向けましょう!

 

才能は発揮されるべきところで生かされ、大切にされることが必要です。

 

私にはこの「主婦的才能」が全くなくて日々苦労、葛藤しています。だからこそこの才能ある女性を応援しています。

 

A8

 - ガジェット、男目線