◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

キハチカフェの素敵ランチをご紹介。

      2018/01/26

友人とランチへ。三越5階のキハチカフェに行ってきました。

20140206-143221.jpg

なんと、赤ワインのサービスがあったので、仕事中の友人のことも気にせず飲んじゃいました。しかも、友人は妊娠中のため、もう素敵ランチはしばらく食べれない!ということで2000円のランチ!豪華♪

20140206-143226.jpg

 

メインはハヤシライスをチョイス♪

20140206-143236.jpg

 

デザートにはイチゴのショートケーキがついていましたよ♪

20140206-143243.jpg

39歳で妊娠した友人、高齢出産になるとのことで、色々と検査をしたり、それなりにお金がかかるよ~と色々聞きました。その友人はすでに1人小学生の子どもがいるので、今回は年の離れた兄弟になるということでまたそれなりに色々と考えたようでした。また、小学生になるとそれなりに悩みが変わって大変だ!ってことで、その中の一つに「母親が働くこと」でした。保育園の時には働いているお母さんが当たり前なのでみんな同じ環境のように見えるのに、小学生になると働いているお母さんの子どもとそうでない子どもというのが実在することを子どもが知ってしまう。そして、学童に入ることを嫌がり、そこで子どものストレスが爆発することになるそう。「どうしてお母さんは働かないといけないの?」という質問にもなかなか答えるのが難しいと言っていました。

私の娘はまだ1歳半。さあ、私はこの子が小学生に上がるときにはどんな仕事の時間を過ごしているのでしょうか。どんなに子どもを育てる環境が整っているという会社でも育児制度として時短勤務ができるのは子どもが「小学生に上がるまで。」ここで「もう時短にしなくても大丈夫でしょう」という区切りがつけられているのは実態とかけ離れているのかもしれません。なんだか、「働く母」の期限ってないんだな、というのを改めて感じた時間でした。

そして家に帰ると・・なんと!こんなものが・・

20140206-143248.jpg

 

アンケートに答えたところ、1000円の図書カードが当たった!!びっくり!嬉しすぎる・・!!
それはそれはCLASSY買うよ!!!!

20140206-143254.jpg


CLASSY. (クラッシィ) 2014年 03月号 [雑誌]

A8

 - グルメ&レシピ