◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

頑張らない選択を

      2014/02/01

「男性がイラッとする女性の口癖」という記事から、
確かに無意識にやってしまいがちと思ったこと。
それはこの数々。
1.何をするにも「めんどくさい」とため息まじりにつぶやく
2.ちょっとしたことですぐに「むかつく」と吐き捨てる
3.どんな話にも「ウケるー」としか反応しない
4.人に意見されると必ず「だって」と言い返す
5.彼氏や友人に対して「おまえ」と乱暴に呼びかける
6.人や物に対してすぐ「キモい」「ウザい」と断定する
頻繁ではないにしても、「言ってしまいがち・・」ですよね。
強弱はあれど、「しかたなく出てしまう・・」ですよね。
でも、じゃあ言わないようにする!って決めてそれが
できるものでもない気がするんです。
なぜならこの言動・・
正直、「疲れている」時に出ませんか?
現代の働く女性はとにかく忙しい。
仕事での拘束時間も長いし、その上キャリアアップ、女子力UP
と予定を詰め込んで、心身ともに高まっているようで少しずつ
「磨き」ストレスを感じているんじゃないでしょうか。
正直なところ、自分に対する不快な出来事を消化する余裕が
ないんだと思います。
仕事だったら割り切れることとか、自分が納得できる理由だと
素直に受け入れることができるのに、プライベートの領域で
不快指数を感じると「考える」プロセスも億劫になり、感情が
垂れ流されていくんですよね。
だから「そんな時まで頑張るのは無理・・」と思って自然に
心のバランスをとっているのかもしれません。
普段頑張っている女性はなおさらこの触れ幅も大きいかと・・。
私も、突然暴言をひたすら吐きたい衝動にかられていました。
ふとした時にスイッチが入り、
「あ~何もかも面倒になってきた・・」と目の前の事を受容する
余裕がなくなり、人の話にいちいち回答するのも億劫になり
なんとなくで済ます・・
でも何かもやもやが続いて次のスイッチは
「っていうかさ!!そもそもさ!!はっきり言わせてもらうけどさ!」
と湧き出てくる感情がそこにある。
その言動は何かを解決するものではないのですが、ただ、
発散!!をしないとパンパンになってしまうんですよね。
自分にこれ以上色々なものが降りかかってこないようにと
防衛の行動でしょう。
しかし、男性にこれを受け止めて!というのは難しいこと。
むしろこんな風に男性には不快な行動でしかないようです。
だとするともったいないので気をつけましょうか。
ここまで至らないように溜め込むのをやめましょう。
頑張りすぎないようにしましょう。
「ステキ女子」を追いかけるあまり色々とTO DOを増やすのは
やめましょう。
明らかに「好き」でやってることであれば問題ありません。
が、「理想」に近づくためだけに課してでもやっていることを
1つでも減らしてみませんか?
習い事の最初の意気込みだけで申し込んでしまった
「通い放題」を辞めるだけでもストレス解消でしょ笑

A8

 - 雑談コラム