◆アラサーリアル白書◆オトナ女子を生きる

20.30.40代女性のための情報サイト。体験を通じたリアルな情報だけをお届け中。ライター、エッセイストyuki.Fukuoka Japan.

許せない夫婦

      2016/08/02

夫婦は喧嘩するほど仲が良いのだろうか?
私はそういうコミュニケーションを好んでお互いの理解を深めたり、
刺激になってそういうことが絆を深めたりすることは良いと思う。
しかし最近
「どうしても許せない!」と毎度毎度言っている夫婦が多い。
よくよく聞いてみると、きっかけはどうであれ、
結局は同じところで相容れないようだ。
それは
「私(俺)の方が損をしている」
ということに行き着くこと。
女性が働いていれば、
女性が「男性が家事をして当然、自分が放棄しても文句は言われる筋合いない」
と思っていて、
女性が働いていなければ、
男性が「完璧な家事をして当然」と思っているのである。
労力と対価それぞれを損得勘定で捉え、
自分に損だと感じることがあれば攻撃してしまうようだ。
普段は思ってなくてもふと相手から改善を求められたり、
行動を不快だと指摘された瞬間に水風船に矢が刺さったように
怒濤にこぼれるのだ。
その瞬間にはゴングがなって
相手を理解する質問はおろか、「あんただってさ~!」
と何を言ってやろうかと言い負かしてやろうかとばかりにまくしたてる。
こうやって成り立っている夫婦がなんだかんだ楽しんでいるなら
放っておくが、お互いの存在に感謝やリスペクトを持てないと
なかなかつらいぜよ。
夫婦は感謝をできる関係でいるだけで大抵の事はうまく行くと思う。
感情のずれも、イラッとする癖も、思い通りにならないことも
そのベースがあれば許せたり歩み寄れる可能性は高くなる。
難しいように見えるが、
親に対して感謝をする方がよっぽど難しい。
親は自分がうまれたときから親だと思っているところがあるし、
自分が生まれた事を感謝しきれない時期だってあるから、
自分が生まれたのは親の選択で、何かをしてもらっても当然とすら
思う恐ろしい感情が邪魔をして、35年後くらいにやっと気づく・・。
しかし、夫婦は自分の選択であるし、
何より「こんな私と一緒に居てくれる」こと事態を感謝できる。
「私(俺)と結婚できてあなたは幸せよ」と思っている人以外は
わかっているけど時間とともに薄れるのかもしれないが。
でもきっと相手の行動を許せないと思い続けるうちは
相手の存在を許せない日が近くなる。
だから許せる関係でいたほうが良い。
夫婦生活は共同生活なのだから、お互いにとって心地よい暮らしを
作り上げることは我慢や妥協、相手を正すということでもなく、
2人でその都度ベストだと思う選択をして楽しんで空間を作っていく
ことだと思う。
さあ、最近会話もろくにしてない夫婦さん。
今日はとりあえず「今日もおつかれさま、いつもありがとう」
だけでも言ってみませんか。

A8

 - 恋愛&結婚